【必見】法政大学専門塾が解説する法政大学文学部政治・経済の入試傾向と対策

菅澤孝平

法政大学専門塾HO-PASSの代表菅澤です。

このページでは、法政大学文学部の政治・経済入試問題の傾向や特徴を解説しております。

法政大学に合格するには学部別の対策と同時に、科目別の対策も必要になってきます。

法政大学文学部に合格したい方は「政治・経済」の特徴や傾向を理解したうえで勉強に励みましょう。

▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の

受講が可能です!
▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の参加が可能です!

法政大学文学部とは

菅澤孝平

法政大学文学部についての情報は別途コチラに記載しております。

法政大学文学部を知りたい方はコチラより閲覧してください。

法政大学文学部「政治・経済」の前提情報

試験時間60分
大問数5題
解答形式マーク方式
頻出単元日本国憲法
菅澤孝平

試験時間のわりに問題数が多いため、時間が足りないと感じる人もいるでしょう。


分からない問題が出てきても焦らず印をつけておいて、どんどん先に進みましょう。

法政大学文学部の政治・経済ではこれまで論述問題や計算問題はほぼ出題されていませんが、試験会場で急に形式が変わったことに気付いても落ち着いて対応しましょう。

法政大学文学部「政治・経済」の傾向

菅澤孝平

それでは、法政大学文学部「政治・経済」の特徴・傾向を見ておきましょう。

菅澤孝平

法政大学文学部の問題は、大きく分けて4つの問題が存在しま


■一問一答問題
正誤判定問題①

正誤判定問題②

■グラフ問題


以上の問題が存在します。

■一問一答問題

例:

法政大学文学部の政治・経済においては、用語を聞かれて選択肢の中から一つ選ぶタイプの問題が頻出です。

菅澤孝平

法政大学文学部の政治・経済の最初の入試傾向は「一問一答問題」です。

一問一答問題では用語の知識が問われています。


選択肢の語群には、間違いを誘うような語が含まれていますので、注意が必要です。

一つ一つの選択肢をじっくり読むというよりかは、「これだ!」というものを迷いなく瞬時に選ぶ力が求められています。

対策としては、日ごろから一問一答形式の参考書でアウトプットの練習をしておくと良いでしょう。


インプットにとらわれてアウトプットの練習ができていない受験生も多いので、一問一答形式で何度もテストをするだけで、ほかの受験生と差をつけることができますよ。

■正誤判定問題①

例:

選択肢の中から正しいものや誤ったものを一つだけ選ぶ問題形式を、ここでは「正誤判定問題①」と呼ぶことにします。

菅澤孝平

法政大学文学部の政治・経済の傾向二つ目は、「正誤判定問題①」です。

このタイプの正誤判定問題は共通テストの政治・経済でも出題されます。

しかし同じ問題形式でも、法政大学の政治・経済の方がかなりレベルが高いと言ってよいでしょう。


共通テストとは選択肢の落とし方が違うため、法政大学の対策をするには法政大学の過去問を使って学習した方がよいです。

菅澤孝平

過去問を使って学習する際は、まずは時間を測ってテキストを見ないで解いてみましょう。本番を意識して、時間配分の練習だと思って解いてください。

解き終わったら必ず丸付けをしてください。

ここまでが「作業」です。「勉強」ではありません。

作業が終わったら、早速勉強に入っていきます。


解説や参考書を見ながら、正解を導くための根拠を問題冊子に書き込んでいきます。(問題はコピーしておくと良いです)


すべての問題の解答の根拠を書き込むことができたら、あとはそれを通学時間や隙間時間を使って何度も読み込んでください

これを過去問15年分ほどやると、もう怖いものはなくなるレベルまで到達できるでしょう。

■正誤判定問題②

例:

各選択肢の正誤を判定するタイプの問題を、ここでは「正誤判定問題②」として紹介します。

菅澤孝平

法政大学文学部の政治・経済の傾向三つ目は「正誤判定問題②」です。

特殊な問題形式で、面食らう人も多いかもしれませんね。

他の大学ではあまり見かけない出題形式ですが、法政大学ではよく出る出題形式ですので、法政大学を志望する受験生はこの形式に慣れておく必要があります。


この形式の問題だけを集めた問題集は残念ながら売っていません。


しかし、解き方は通常の正誤判定問題と変わりませんからご安心ください。

先ほどご説明した「正誤判定問題①」と同じ方法で対策することができます。


つまり、過去問をベースにした対策が有効です。

■グラフ問題

グラフ問題は、法政大学文学部で毎年1問出題されています。

菅澤孝平

法政大学文学部の政治・経済の傾向四つ目は「グラフ問題」です。

毎年一問出題されていますから、今年も出題されるだろうと思っておいた方がよいです。


グラフ問題で最も大切なのは、苦手意識を持たないことです。


まずは、共通テストやセンター試験に出てくるようなレベルのグラフ問題が解けるようになると安心です。少しづつ自信をつけていきましょう。

また、グラフ問題を解けるようになるためには、日ごろから様々な統計の資料を見ておくと良いでしょう。

資料集や教科書には、特に重要な統計情報が記載されています。


「もっとも数値が低い国」「もっとも数値が高かった年」など、グラフの「一番目立つところ」に着目して読み解いていくのが有効です。

法政大学文学部「政治・経済」の攻略法

菅澤孝平

続いて、法政大学文学部の政治・経済攻略法を記します。

ここに該当してない場合、合格は厳しいです。

しかし、これらに該当している場合は合格の可能性が高いと言っていいでしょう。

❶ 正確なインプット・正確なアウトプット

菅澤孝平

法政大学文学部政治・経済攻略法1つ目は、正確なインプットと正確なアウトプットです。

菅澤孝平

法政大学文学部の政治・経済の攻略法一つ目は、「正確なインプットと正確なアウトプット」です。

正確なインプットの重要性を知っている受験生は多いと思いますが、正確なアウトプットの重要性に気付いている受験生はかなり限られています。

もし正確にインプットすることができたとしても、正確にアウトプットできなければその知識を試験で使うことはできませんよね。

入試ではアウトプットできるかどうかで点数が決まります

一問一答形式の問題集や過去問、テーマ別問題集などを用いて、普段から知識を正確に外に出せるかチェックしておくことが必要です。


そして、間違えた問題や知らなかった問題については後で何度も繰り返し解いて、自分でテストをすることが有効です。


テストをすることでより記憶が強固になりますから、自分で毎日テストをしてみてください。

❷ 原因・概要・結論を説明できるように

菅澤孝平

法政大学文学部政治・経済攻略法2つ目は、原因・概要・結論を説明できるようにすることです。

菅澤孝平

法政大学文学部の政治・経済のもう一つの攻略法は「物事の原因と結果、そして概要を説明できるようにすること」です。

ある法律の概要を説明できる受験生は多いと思います。では、その法律ができた背景やその法律を根拠にした裁判の結果を説明できますか?

これを説明できる受験生は少ないかもしれません。


しかし入試では、その出来事が起こった原因とその結果を理解していることが求められます。


教科書や参考書の文字をただ目で追うのではなく、原因と結果と概要を自分で説明できるように練習しておくと、得点力が大幅にアップするはずです。


説明する相手はペットでもぬいぐるみでも友達でも家族でも自分でも誰でもOKです。


一問一答的に単純に単語を覚えることも必要なのですが、自分で説明する力も同じくらい重要ですので、この2つの力をバランスよく鍛えていってください。

▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の

受講が可能です!
▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の参加が可能です!




現在、専門塾を運営中。
志望大学に特化した大学受験塾を

オフライン&オンラインの両軸で展開。

専門塾なら
どんなに低い偏差値でも
逆転合格が可能です。

❶月ごと/週ごと/日ごとに
「何をすれば合格できるのか」を明確にしたカリキュラムを作成

明日、明後日、来週、来月何をすれば
志望大学に合格できるのかを明確にします。

❷毎週課される課題とテストによって、高い習熟度を保ちます。
作成されたカリキュラムから逆算をし、課題を毎週課します。
その課題を実行していただき科目ごとに毎週テストを行い習熟度を確認します。「出来ない理由」を排除します。

❸最大4人の講師が生徒1人を徹底指導をします。
生徒1人に最大4人の講師が指導をします。24時間365日いつでも4人の講師に質問し放題。広い視野を持ったプロが指導をしてくれるので1人では難しい新たな発見に気づくことが出来ます。

少しでも第一志望大学に受かりたい受験生は
共に志望大学を目指しませんか?
公式サイトはコチラから。

以下サービスより
自由にお選びいただけます。

■一般入試対策専門塾
・一般入試に特化して指導を行います。
・志望大学が明確になっている場合は、
後述する該当の「専門塾」にご入会下さい。

・志望大学が明確になっていないが、受験勉強を始めたい方や
地方の大学に進学を考えている方にオススメです。
・志望大学は決まっていないが、
高校1~2年生から基礎を固めたい方にオススメです。
・私立国立共に対応可能。”鬼管理”をご希望の方がご利用下さい。

■想定入会生徒:
・地方国立・私大への受験を考えている受験生
・基礎を固めたい・受験勉強を早期から始めたい高校1~2年生
・志望大学は明確になっていないが、受験勉強を始めたい受験生
・下記にご紹介する「専門塾」に自分の志望する大学がない受験生

早稲田大学専門塾WASE-PASS

早稲田大学専門塾WASE-PASSは、早稲田大学に対する圧倒的な専門性×明治大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

慶應義塾大学専門塾KEI-PASS

慶應義塾大学専門塾KEI-PASSは、慶應義塾大学に対する圧倒的な専門性×慶應義塾大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

明治大学専門塾MEI-PASS

MEI-PASS(MEIPASS meipass メイパス)は明治大学を目指す受験生を支援する、明治大学専門塾(明治大学専門オンライン家庭教師)です。

明治大学専門塾MEI-PASSは、明治大学に対する圧倒的な専門性×明治大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

青山学院大学専門塾
AO-PASS

AO-PASS(AOPASS aopass アオパス)は青山学院大学を目指す受験生を支援する、青山学院大学専門塾(青山学院大学専門オンライン家庭教師)です。

青学専門塾AO-PASSは、青山学院大学に対する圧倒的な専門性×青山学院大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

立教専門塾RIKYO-PASS

RIKYO-PASS(RIKYOPASS rikyopass リキョパス)は立教大学を目指す受験生を支援する、立教大学専門塾(立教大学専門オンライン家庭教師)です。

立教大学専門塾RIKYO-PASSは、立教大学に対する圧倒的な専門性×立教大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

中央大学専門塾CHU-PASS

CHU-PASS(CHUPASS chupass チュウパス)は中央大学を目指す受験生を支援する、中央大学専門塾(中央大学専門オンライン家庭教師)です。

中央大学専門塾CHU-PASSは、中央大学に対する圧倒的な専門性×中央大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

法政大学専門塾HO-PASS

HO-PASS(HOPASS hopass ホウパス)は法政大学を目指す受験生を支援する、法政大学専門塾(法政大学専門オンライン家庭教師)です。

法政大学専門塾HO-PASSは、法政大学に対する圧倒的な専門性×法政大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

学習院専門塾GAKU-PASS

GAKU-PASS(GAKUPASS gakupass ガクパス)は学習院大学を目指す受験生を支援する、学習院大学専門塾(学習院大学専門オンライン家庭教師)です。

学習院大学専門塾GAKU-PASSは、学習院大学に対する圧倒的な専門性×学習院大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

関西大学専門塾KAN-PASS

関西大学専門塾KAN-PASSは、
関西大学に対する圧倒的な専門性×関西大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

関学専門塾KWAN-PASS

関学専門塾KWAN-PASSは、関西学院大学に対する圧倒的な専門性×関西学院大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

同志社専門塾DO-PASS

同志社大学専門塾DO-PASSは、同志社大学に対する圧倒的な専門性×同志社大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

立命館専門塾RITS-PASS

立命館大学専門塾RITS-PASSは、立命館大学に対する圧倒的な専門性×立命館大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

日本大学専門塾NICHI-PASS

日本大学専門塾NICHI-PASSは、日本大学に対する圧倒的な専門性×日本大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

東洋大学専門塾
TO-PASS

東洋大学専門塾TO-PASSは、東洋大学に対する圧倒的な専門性×東洋大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

駒澤大学専門塾
KOMA-PASS

駒澤大学専門塾KOMA-PASSは、駒澤大学に対する圧倒的な専門性×駒澤大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

専修大学専門塾
SEN-PASS

専修大学専門塾SEN-PASSは、専修大学に対する圧倒的な専門性×専修大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

【関連ジャンル】

この記事を書いた人

WEBtantou