【必見】法政大学専門塾が解説する法政大学現代福祉学部世界史の入試傾向と対策 

菅澤孝平

法政大学専門塾HO-PASSの代表菅澤です。

このページでは、法政大学現代福祉学部の世界史入試問題の傾向や特徴を解説しております。

法政大学に合格するには学部別の対策と同時に、科目別の対策も必要になってきます。

法政大学現代福祉学部に合格したい方は「世界史」という科目の特徴や傾向を理解したうえで勉強に励みましょう。

▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の

受講が可能です!
▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の参加が可能です!

法政大学現代福祉学部とは

菅澤孝平

法政大学現代福祉学部についての情報は別途コチラに記載しております。

法政大学現代福祉学部を知りたい方はコチラより閲覧してください。

法政大学現代福祉学部「世界史 」の前提情報

試験時間60分
大問数3題
解答形式マークシート式・記述式併用型
頻出単元特になし
菅澤孝平

同じ法政大学とはいっても各学部ごとに出題傾向は大きく異なります。

この記事で紹介する法政大学現代福祉学部の世界史は、上記の通り試験時間60分・大問数は3題で、解答形式はマークシート式と記述式の両方が出題されます

しかし、記述式とはいっても文章記述によって歴史の流れや出来事の理由を説明する形式の問題は出題されません。

そのため、試験に向けて論述の対策に時間を割く必要はありませんし、本番で試験時間がギリギリになることも考えにくいと言えます。

ただ、決して法政大学現代福祉学部の問題の難易度が低いというわけではないので、油断してはいけません。

論述が要求されない分、その他の問題で世界史に対する理解や知識が十分にあるかどうかを測られているというつもりで試験に臨みましょう。

また、試験時間が余ることも予想されるので、その余った時間をどのように使うのかということも重要になってきます。

試験でどのような順番で問題を解き、どのような見直しをして試験を終えるのかというところまで計画を立てておき、本番で自分のベストパフォーマンスを出せるように練習しておきましょう

頻出単元については特にありませんが、もしすべての範囲の勉強を終えてまだ時間に余裕があるのであれば、現代史の範囲を重点的に勉強し、強化しておくことをお勧めします。

というのも、多くの受験生、特に現役生にとって現代史は、試験本番ギリギリの時期に勉強し終える分野なので、繰り返し学習して知識を完全に定着させることが難しく、手薄になってしまいがちなのです。

しかし、もしこの分野を完璧に頭に定着させることができていれば、ここを苦手とする多くの受験生との差を大きく引き離すことができます。

現代史のみに気を取られて他の範囲がおろそかになってしまっては本末転倒なので、先述した通り余裕がある方のみ現代史の強化を試みるようにしてみてください。

法政大学現代福祉学部「世界史」の傾向

菅澤孝平

それでは、法政大学現代福祉学部「世界史」の特徴・傾向を見ておきましょう。

菅澤孝平

法政大学現代福祉学部の世界史の問題には、基本的に大問の最初に長めのリード文があります。そのリード文中に空欄が設けられていたり、下線が引かれていたりして、それらの部分に関連する問いが各大問ごとに設定されているという形です。

その問いの種類は様々ですが、この記事では以下に挙げる3つの出題形式について詳しく見ていきますので、法政大学現代福祉学部を世界史選択で受験する予定の方は是非参考にして勉強するようにしてみてください。

それではその概要を見ていきましょう。

法政大学現代福祉学部の問題は、先述した通り大きく分けて3つの問題が存在します。

■空欄補充問題
選択肢の正誤判定問題

年代に関する問題

これら3つの出題形式についてここから詳しく見ていきます。

■空欄補充問題

例:

「空欄補充」の問題は、リード文中に設けられた空欄にあてはまる解答を選択肢から選び出す・もしくは自分で記述して解答する形式の問題のことです

菅澤孝平

この問題は一見すると選択肢もありますし、リード文との前後関係などもあることから、解答を導き出しやすいように感じられるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

上の画像の例を見てください。選択肢の数と空欄の数を比べてみると明らかに選択肢の数の方が多いことがわかっていただけると思います。

つまり、一見すると解答の手掛かりになるかに思えた選択肢には、受験生を惑わすダミーの選択肢が多数含まれているということなのです。

そのため、選択肢はあくまでも要求されている解答形式に沿うために使うものであるという風に割り切ってしまい、解答を導く際はリード文の前後と、自分がそれまで養ってきた世界史のに関する知識にのみ頼るようにしましょう。

そうすることで、選択肢があろうとなかろうと同じプロセスで解答を導くことができるので、鍛錬を積めば解答のスピードアップも期待できます。

世界史の知識を養う具体的な勉強の仕方についてはこの記事の後半で触れていますので、詳しくは「法政大学現代福祉学部世界史の攻略法」というところの「正確なインプット・大量のアウトプット」という部分を参照してください。

■選択肢の正誤判定問題

例:

「選択肢の正誤判定」の問題は、文字通り選択肢に用意された複数の文章の内容が正しいものか・あるいは誤ったものかを判定する形式の問題のことです。
上の画像を見ていただいてもわかる通り、ここで紹介している法政大学現代福祉学部の世界史の問題では、誤っているものを答えさせる問題が多いようですので、解答の際には注意してください。

菅澤孝平

この類の問題は、共通テスト等のそれほど難易度の高くない標準的な試験でも問われることの多い王道の問題であると言えます。

しかし、ここで紹介する法政大学現代福祉学部の世界史で出題されている選択肢の正誤判定問題は、少し毛色が違っています。

上の画像の選択肢を見ていただくとすぐにわかっていただけるとは思いますが、「すべてが正しい」

つまり、問題文で提示された条件に当てはまる選択肢が存在しない場合があるのです。

問題文の条件に当てはまる選択肢がないという可能性が出てくるだけで、すべての選択肢を吟味しなければならない=安易に、正答だと思われる選択肢を見つけたらその時点で解答を出す、いわゆる積極法が使えないため、問題の難易度はその分上がっています。

必ずこの問題に取り掛かる際にはすべての選択肢を吟味し、慎重に解答を出すようにしてください。

■年代に関する問題

例:

「年代に関する問題」は単なる世界史上の出来事や人物についての教科書的な知識を問うのではなく、その出来事が起きた年代や人物が生きていた時代など、時に関する知識が出題される形式の問題のことです

菅澤孝平

この種の問題は、ただ単に世界史上の出来事や人物についての知識を持っているというだけでは解くことができない、難易度の高い問題です。

上の画像の通りその問い方は様々で、選択肢の出来事を起きた順に並べ替える形式の問題や、問題文で指定された年代に起きた出来事として当てはまる選択肢を解答する問題、空欄に選択肢で用意された年号から正しいものを入れる問題などが良く出題されています。

言うまでもないとは思いますが、ただ世界史の知識を一問一答形式でのみ頭に入れていたのでは、到底歯が立ちません。
おおよその年代や出来事同士の関係を知らなければ解答できない分、苦手な受験生は多いです。

裏を返せば、現代史と同様に、苦手な受験生が多い年代に関する問題を完璧に解答できるようにしてしまえば、自分は他の受験生よりも優位に立つことができますので、この問題を攻略できるように年代に関する知識をある程度頭に入れておきましょう。

詳しくはこの記事の後半の「法政大学現代福祉学部の世界史の攻略法」というところの「歴史上の出来事のおおよその年代を把握すること」というところで触れていますので、参考にしてみてください。

法政大学現代福祉学部「世界史」の攻略法

菅澤孝平

続いて、法政大学現代福祉学部の世界史攻略法を記します。

ここに該当してない場合、合格は厳しいです。

しかし、これらに該当している場合は合格の可能性が高いと言っていいでしょう。

該当していなかった人も、以下で紹介する学習方法を参照し、試験を突破できるだけの確固たる実力を身につけられるようにしてください。

❶正確なインプット・大量のアウトプット

菅澤孝平

法政大学現代福祉学部世界史攻略法1つ目、「正確なインプット・大量のアウトプット」です。

菅澤孝平

世界史以外でも、暗記科目で得点する上で重要になるのが、その科目の基本的な知識です。
知識がない状態で試験に臨むなど、あまりにも無謀ですし、そんなことをしていては得られるはずのものも得られません。
まずは大前提として、知識をしっかりと身につけることを心掛けましょう。

しかし、ここで注意していただきたいことがあります。

それは、知識を頭に詰め込もうとするあまり、がむしゃらに一問一答の問題集や、世界史の語句の暗記カード等を用いて、その他の出来事との関係・つながりを無視し、その出来事単体で覚えようとしないようにするということです。

上記のような学習してしまうと、出来事や人物の名前は頭に入っても、他の出来事との関連が頭に入っていないので、うまく整理できず、頭に定着しにくいです。

そこで実践していただきたいのが、正確なインプットです。

正確なインプットとは、すべての知識をただその出来事単体で頭に入れようとするのではなく、歴史上の物事の間にある因果関係に着目して、他の出来事や人物と覚えたい出来事を関連付けて覚えていくことを指します。

このように覚えることで、一つの出来事はその他の出来事とも関係を持った形で頭に入っていくため、バラバラだったそれまでの知識よりも格段に整理された状態で頭に入り、記憶に定着しやすくなります。

歴史には基本的に「何が原因でその出来事が起きたのか」を示す因果関係が存在していますから、そこに着目して覚えていくことを意識して勉強するようにしましょう

ただそれだけでは、実際の試験の場で瞬時に解答を導き出せるレベルに達するには足りません。

そこで必要になってくるのが大量のアウトプットです。

大量のアウトプットとは、文字通りですが、大量に問題演習をこなすことで、自分がそれまでに頭に入れてきた知識は正しく試験の現場で使うことができるのかどうかを確かめ、そのうえで浮き彫りになった自分の弱点や知識の抜けを改善し、二度と間違えないように完璧な状態にすることを言います。
ただ問題を解いていくのではなく、このように解き、復習することでさらに記憶に残りやすくなります。

そして、最終仕上げとして自分が演習で解いた問題の解答の根拠を何も見ずに解説できるようにしてみてください。

何も見ずに解説できるのであれば、それはもう完全に理解できていることを示していますから、この段階までやってようやく知識は完全に定着したと言えます。

ここまで説明してきた正確なインプット・大量のアウトプットをしっかりと行い、膨大な量の世界史の知識を頭に定着させることができれば、世界史の点数は必然的に安定していくと思います。

是非実践してみてください。

❷原因・概要・結論を説明できるようにすること

菅澤孝平

法政大学現代福祉学部世界史攻略法2つ目、「原因・概要・結論を説明できるようにすること」です。

菅澤孝平

これは➊のところで触れた因果関係についての話と通じる部分があります。

因果関係は歴史上の出来事を掴むうえで、おさえなくてはならない非常に重要な関係です。

ここではそれに加え、出来事の「概要」についても同様に頭に入れていただき、最終的には因果関係同様、出来事の「概要」も解説できるようになるまで学習することをゴールとしていただきたいということについて説明していきます。

まず出来事の「概要」とは何かについてですが、これは歴史上の出来事(○○の戦いはどこを舞台としてどの国が戦っていたのか、××という戦法はどのようなものだったのか、各国は戦争の中でどのような動きを見せるのか、など)が具体的にどのようなものだったのか、というものです。
この「概要」を把握することで、因果関係では拾いきれない細かい事項も頭に入れることできるため、全文を隈なく吟味する必要がある、選択肢の正誤判定問題などへの対応も難なくできるようになるでしょう。

先述した通り、解説することを通して自分が完全に理解できていることを確認して学習を進めるようにしてください。

自分で問題演習をする際や、世界史の語句を目にした時など、どのタイミングでも良いので、必ず自分で解説できるのかを確認する習慣を詰めておくと良いと思います。

❸ 歴史上の出来事のおおよその年代を把握すること

菅澤孝平

法政大学現代福祉学部世界史攻略法3つ目、「歴史上の出来事のおおよその年代を把握すること」です。

菅澤孝平

ここまで見てきたように、知識を因果関係に注目して頭に入れたり、概要まで解説できるようにすることで、世界史の点数は間違いなく伸びていきます。

しかし、それだけでは対応できない問題が存在します。

それが主な出題傾向の解説のところで触れた「年代に関する問題」です。

これは、世界史の出来事の因果関係や概要について完璧に理解していても、年代に関する知識がなければ解くことは至難の業です。

そのため、ある程度は年代に関する知識を持っていなければなりません。

ですが、すべての年号を把握しなければならないわけではないので、そこは安心してください。

目安として、18世紀前半までは、〇世紀の前半・中頃・後半という形で記憶できていれば大丈夫です。

18世紀後半以降は細かい年号を覚えていなければ解答を導き出すことができない問題も良く出題されるので、そのことを頭に置いたうえで、勉強を進めてみてください。

もちろん18世紀以前であっても、重要な年号はありますが、それらは問題演習を重ねていく中でよく出てくるものから覚えていけば良いので、まずは大まかに年代を捉えることから始めましょう。

そして覚え方ですが、年号は語呂合わせなどを使って暗記してしまう方が効率が良いです。

年号にも因果関係がないとは言い切れませんが、基本的には細かい年号に出来事との明確な因果関係がある場合はほとんどないです。

そのため、割り切って暗記してしまうのが賢明だと思います。

ここまで紹介してきた学習方法を実践し、すべてこなすことができたのであれば、もう世界史の入試問題で苦戦することはほとんどないでしょう。少なくとも法政大学現代福祉学部の世界史では、難なく合格点を取ることができるはずです。

是非この記事の内容を参考にして、これからの学習を進めるようにしてみてください。




現在、専門塾を運営中。
志望大学に特化した大学受験塾を

オフライン&オンラインの両軸で展開。

専門塾なら
どんなに低い偏差値でも
逆転合格が可能です。

❶月ごと/週ごと/日ごとに
「何をすれば合格できるのか」を明確にしたカリキュラムを作成

明日、明後日、来週、来月何をすれば
志望大学に合格できるのかを明確にします。

❷毎週課される課題とテストによって、高い習熟度を保ちます。
作成されたカリキュラムから逆算をし、課題を毎週課します。
その課題を実行していただき科目ごとに毎週テストを行い習熟度を確認します。「出来ない理由」を排除します。

❸最大4人の講師が生徒1人を徹底指導をします。
生徒1人に最大4人の講師が指導をします。24時間365日いつでも4人の講師に質問し放題。広い視野を持ったプロが指導をしてくれるので1人では難しい新たな発見に気づくことが出来ます。

少しでも第一志望大学に受かりたい受験生は
共に志望大学を目指しませんか?
公式サイトはコチラから。

以下サービスより
自由にお選びいただけます。

■一般入試対策専門塾
・一般入試に特化して指導を行います。
・志望大学が明確になっている場合は、
後述する該当の「専門塾」にご入会下さい。

・志望大学が明確になっていないが、受験勉強を始めたい方や
地方の大学に進学を考えている方にオススメです。
・志望大学は決まっていないが、
高校1~2年生から基礎を固めたい方にオススメです。
・私立国立共に対応可能。”鬼管理”をご希望の方がご利用下さい。

■想定入会生徒:
・地方国立・私大への受験を考えている受験生
・基礎を固めたい・受験勉強を早期から始めたい高校1~2年生
・志望大学は明確になっていないが、受験勉強を始めたい受験生
・下記にご紹介する「専門塾」に自分の志望する大学がない受験生

早稲田大学専門塾WASE-PASS

早稲田大学専門塾WASE-PASSは、早稲田大学に対する圧倒的な専門性×明治大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

慶應義塾大学専門塾KEI-PASS

慶應義塾大学専門塾KEI-PASSは、慶應義塾大学に対する圧倒的な専門性×慶應義塾大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

明治大学専門塾MEI-PASS

MEI-PASS(MEIPASS meipass メイパス)は明治大学を目指す受験生を支援する、明治大学専門塾(明治大学専門オンライン家庭教師)です。

明治大学専門塾MEI-PASSは、明治大学に対する圧倒的な専門性×明治大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

青山学院大学専門塾
AO-PASS

AO-PASS(AOPASS aopass アオパス)は青山学院大学を目指す受験生を支援する、青山学院大学専門塾(青山学院大学専門オンライン家庭教師)です。

青学専門塾AO-PASSは、青山学院大学に対する圧倒的な専門性×青山学院大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

立教専門塾RIKYO-PASS

RIKYO-PASS(RIKYOPASS rikyopass リキョパス)は立教大学を目指す受験生を支援する、立教大学専門塾(立教大学専門オンライン家庭教師)です。

立教大学専門塾RIKYO-PASSは、立教大学に対する圧倒的な専門性×立教大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

中央大学専門塾CHU-PASS

CHU-PASS(CHUPASS chupass チュウパス)は中央大学を目指す受験生を支援する、中央大学専門塾(中央大学専門オンライン家庭教師)です。

中央大学専門塾CHU-PASSは、中央大学に対する圧倒的な専門性×中央大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

法政大学専門塾HO-PASS

HO-PASS(HOPASS hopass ホウパス)は法政大学を目指す受験生を支援する、法政大学専門塾(法政大学専門オンライン家庭教師)です。

法政大学専門塾HO-PASSは、法政大学に対する圧倒的な専門性×法政大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

学習院専門塾GAKU-PASS

GAKU-PASS(GAKUPASS gakupass ガクパス)は学習院大学を目指す受験生を支援する、学習院大学専門塾(学習院大学専門オンライン家庭教師)です。

学習院大学専門塾GAKU-PASSは、学習院大学に対する圧倒的な専門性×学習院大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

関西大学専門塾KAN-PASS

関西大学専門塾KAN-PASSは、
関西大学に対する圧倒的な専門性×関西大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

関学専門塾KWAN-PASS

関学専門塾KWAN-PASSは、関西学院大学に対する圧倒的な専門性×関西学院大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

同志社専門塾DO-PASS

同志社大学専門塾DO-PASSは、同志社大学に対する圧倒的な専門性×同志社大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

立命館専門塾RITS-PASS

立命館大学専門塾RITS-PASSは、立命館大学に対する圧倒的な専門性×立命館大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

日本大学専門塾NICHI-PASS

日本大学専門塾NICHI-PASSは、日本大学に対する圧倒的な専門性×日本大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

東洋大学専門塾
TO-PASS

東洋大学専門塾TO-PASSは、東洋大学に対する圧倒的な専門性×東洋大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

駒澤大学専門塾
KOMA-PASS

駒澤大学専門塾KOMA-PASSは、駒澤大学に対する圧倒的な専門性×駒澤大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

専修大学専門塾
SEN-PASS

専修大学専門塾SEN-PASSは、専修大学に対する圧倒的な専門性×専修大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

【関連ジャンル】

この記事を書いた人