【必見】法政大学専門塾が解説する法政大学人間環境学部日本史の入試傾向と対策

菅澤孝平

法政大学専門塾HO-PASSの代表菅澤です。

このページでは、法政大学人間環境学部の日本史入試問題の傾向や特徴を解説しております。

法政大学に合格するには学部別の対策と同時に、科目別の対策も必要になってきます。

法政大学人間環境学部に合格したい方は「日本史」の特徴や傾向を理解したうえで勉強に励みましょう。

▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の

受講が可能です!
▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の参加が可能です!

法政大学人間環境学部とは

菅澤孝平

法政大学人間環境学部についての情報は別途コチラに記載しております。

法政大学人間環境学部を知りたい方はコチラより閲覧してください。

法政大学人間環境学部「日本史」の前提情報

試験時間60分
大問数4題
解答形式マークシート・記述併用型
頻出単元古代〜現代まで
菅澤孝平

法政大学人間環境学部の日本史はほとんどがマーク式の問題ですが、大問の最後に記述式の問題が用意されていることが多いです。

記述問題の傾向としては、語句を書き出すものから数十文字の論述を求められるものまでさまざまです。

また、出題範囲は例年古代〜現代まで幅広いため、あらゆる時代を満遍なく丁寧に学びアウトプットできる段階まで高めていく必要があるといえるでしょう。

一つひとつの選択肢が長かったり、引っ掛け的な細かい知識を問われることも少なくありません。

ですので、それぞれの事象を体系的かつ正確に記憶することが高得点への鍵になります。

それに加えて問題数も多いので、スピード勝負な一面も。

以下で説明する傾向と攻略法をきちんと把握・実行しながら合格への一歩を踏み出しましょう!

法政大学人間環境学部「日本史」の傾向

菅澤孝平

それでは、法政大学人間環境学部「日本史」の特徴・傾向を見ておきましょう。

菅澤孝平

法政大学人間環境学部の日本史には大きく分けて4つの問題が存在します。

■穴埋め問題
正誤問題

記述・論述問題

■史料問題

以下でそれぞれの傾向を詳しく解説します。

■穴埋め問題

例:

「穴埋め問題」とは、与えられた文章にある複数の空欄に対し、適切な語句を選択する問題です。

菅澤孝平

こちらの問題では、ある時代や出来事の流れを示した文章を読み、その空欄に当てはまる語句や人名を選択します。

毎年出題されている攻略必須問題といえます。

ここで大切なのは「歴史を物語として把握できているかどうか」ということ。

もちろん空欄の前後の関連情報から答えを選べることもあるかもしれませんが、ひとつの時代のことを問われているため、選択肢に挙げられる人物や事象が同時期のものであることもあり得ます。
こうした場合、「いつ誰が何のために何をしたのか」という5W1H的な物語として歴史を捉えることができていると、紛らわしい選択肢の中からでも正解にたどり着くことができるようになるのです。


一つ目の例のように、細かな役職の意味まで理解することも大切。

しかし日本史は、そのような一問一答的な知識だけでなく、最終的にはそれらをつなげてひとつの「流れ」を把握するまでが重要になる科目であることを念頭に置きながら、「つながり」を意識した勉強を心がけましょう!

■正誤問題

例:

「正誤問題」とは、問題文に引かれた特定の下線部に関して適切な(あるいは誤った)選択肢を回答する問題です。

菅澤孝平

法政大学人間環境学部における日本史の問題の中では、最も多くの割合を占める出題形式です!

語句や人名を選択する問題も多いですが、例のように選択肢も文章になっている場合があります。

また、注意しなくてはいけないのが、「すべての選択肢が当てはまらない場合もある」ということ。

消去法が使えないので、正確な知識を固めておく必要があります。

語句を選択する問題は一問一答形式の勉強で賄える部分が大きいので、ここでは例のような「文章の選択肢」を選ぶ際のコツについて解説します!

この例に限らず、過去問の多くは「〇〇のため、△△した」という形の選択肢を提示しています。

つまり、ある程度出来事の年代を覚えていれば、あとは事象同士の相関関係を明らかにすることで一気に正解に近づけます。

「どうしてこのルールができたんだっけ?」「この人はなんで〇〇したんだっけ?」など、常に出来事の背景やWhyを意識した勉強を心がけてみてください!

■記述・論述問題

例:

「記述・論述問題」とは、指定された語数で語句を記述したり、資料をもとに文字数制限内で出来事の説明をする問題です

菅澤孝平

問題の9割がマーク形式ですが、記述・論述問題への対策も欠かせないところ!

言葉は知っていてもそれを正しく漢字で書けなければいけないので、日頃から自分の手で「書いて理解する」勉強法を習慣化するようにしましょう。

また、一つ目の例では「80字」という制約の中で二つの事象の特徴を述べる必要があるので、これらの類似点/相違点を明確にした上で要点をまとめる力が必要になります。

問われる内容自体の難易度は決して高くないので、基本的な制度の意図や仕組みについて理解を完璧にし、それを自分の言葉で解説できるレベルまで落とし込めるかどうかが高得点への分かれ目となるでしょう。

■史料問題

例:

「史料問題」とは、問題文として与えられた史料を読み、それに関連した新たな史料や、細かな意味について答える問題です。

菅澤孝平

まずベースの問題文として、原文そのままの状態の史料が与えられます。

近代の史料の場合はそこまできちんとした古典の読解知識がなくとも理解することはできますが、短い時間の中で正確に内容と選択肢を理解するためには日頃からこうした原文状態の史料にも目を通しておくことが大切です。

また、例を見てもらうとわかるとおり、問題文の史料に関連のある別の史料についても言及される場合があります。

条約などの勉強をする時に合わせて原文史料を読むことができればベストですが、それぞれの史料にはそれが何を意味しているかを示す「キーワード」が必ず含まれています。

したがって、そうしたキーワードから制度や時代背景の関連が推察できるように、特定の時期に定められた制度の特徴をまとめるなどの勉強法がおすすめです。

法政大学人間環境学部「日本史」の攻略法

菅澤孝平

続いて、法政大学人間環境学部の日本史攻略法を記します。

ここに該当してない場合、合格は厳しいです。

しかし、これらに該当している場合は合格の可能性が高いと言っていいでしょう。

傾向の欄で触れた勉強法をさらに詳しく掘り下げますので、ぜひ皆さんの日頃の勉強法と比較して、参考にしてみてください。

❶正確なインプット・正確なアウトプット

菅澤孝平

法政大学人間環境学部日本史攻略法1つ目、「正確なインプット・正確なアウトプット」です。

菅澤孝平

二つの意味を簡単に説明すると、

正確なインプット:教科書・参考書に書いてある内容を正確に理解・整理すること

正確なアウトプット:教科書・参考書に書いてある内容をそのまま自分の言葉で説明できるようになること

この二つが、法政大学人間環境学部の日本史で高得点を取るために特に重要なベースとなります。

人物や出来事の名前を正確に覚えることはもちろんですが、それぞれの持つつながりまできちんと理解できているか?

なんとなく同じ時代だから〜などのぼんやりした括りでまとめてしまっていないか?

などを振り返り、教科書や参考書でまとめられている内容が何も見ずに的確に答えられるようになること。

とても基礎的なことのように聞こえますが、これができれば確実に高得点を狙えます。

地道に精度の高いインプットとアウトプットを積み重ねることが、あなたを合格まで導く近道なのです。

❷原因・概要・結論を説明できるようにすること

菅澤孝平

法政大学人間環境学部日本史攻略法2つ目、「原因・概要・結論を説明できるようにすること」です。

菅澤孝平

歴史上のすべての出来事は必ず「原因・概要・結論」の三要素から成り立っています。

過去の出来事はすべて私たちと同じ人間が行なってきたことで、その一つひとつの背景には人間の気持ちや明確な理由があるもの。

たとえば、江戸時代から明治時代に移り変わる際の戊辰戦争を見てみると…

〈原因〉

黒船が来航し、長年の鎖国状態が崩壊&異国の力に圧倒されたことで「無力な幕府は信用できない!幕府を倒し天皇の力を取り戻そう!」という思想が活発になり、幕府排除の動きが起こる

〈概要〉

・幕府を守ろうとする旧幕府軍と倒そうとする新政府軍との間で争いが起こる

・旧式の武器で戦っていた旧幕府軍に対し、西洋の最新式武器を導入した新政府軍

〈結果〉

圧倒的な武力差と幕府の完全失脚により、新政府軍が勝利


これは非常に簡略的な内容で、この間にも薩長同盟などさまざまな出来事が起こりますが、すべてはこの3ステップの中で説明することができます。

ただ暗記をするだけでは限界がありますが、こうした物事や社会思想の動きなどと結びつけて考えることで、忘れにくい&たくさんの知識を身につけることができるのです。

❸史料問題への慣れ

菅澤孝平

法政大学人間環境学部日本史攻略法3つ目、「史料問題への慣れ」です。

菅澤孝平

傾向の欄でも例を用いて説明をした史料問題。

日本史の中には膨大な史料が存在するため、入試で目にするほどんどの史料が「初見」である可能性が高いです。

使われている言葉も読み慣れないものばかりなので史料を「正確に読み解こう」というところに意識を使ってしまうかもしれませんが、これでは時間を大幅にロスしかねません。

実際のところ、史料を通して問われている歴史的な出来事はどれも教科書や参考書できちんと触れられている基本的なものばかりです。

ですのでまずは、史料の中で扱われている内容やキーワードを「ざっくりと」把握し、時代背景や関連している事象・人物を連想できるようになること。

そうした既知の内容を引き出すことができれば、史料のややこしい言い回しも怖くはありません。

まずは①と②を余すところなくこなし、史料を読み解くためのベースとなる知識を増やしましょう。

この三つの攻略テクニックを網羅できれば、あなたの日本史の点数は大幅にアップしますよ!

現在、専門塾を運営中。
志望大学に特化した大学受験塾を

オフライン&オンラインの両軸で展開。

専門塾なら
どんなに低い偏差値でも
逆転合格が可能です。

❶月ごと/週ごと/日ごとに
「何をすれば合格できるのか」を明確にしたカリキュラムを作成

明日、明後日、来週、来月何をすれば
志望大学に合格できるのかを明確にします。

❷毎週課される課題とテストによって、高い習熟度を保ちます。
作成されたカリキュラムから逆算をし、課題を毎週課します。
その課題を実行していただき科目ごとに毎週テストを行い習熟度を確認します。「出来ない理由」を排除します。

❸最大4人の講師が生徒1人を徹底指導をします。
生徒1人に最大4人の講師が指導をします。24時間365日いつでも4人の講師に質問し放題。広い視野を持ったプロが指導をしてくれるので1人では難しい新たな発見に気づくことが出来ます。

少しでも第一志望大学に受かりたい受験生は
共に志望大学を目指しませんか?
公式サイトはコチラから。

以下サービスより
自由にお選びいただけます。

■一般入試対策専門塾
・一般入試に特化して指導を行います。
・志望大学が明確になっている場合は、
後述する該当の「専門塾」にご入会下さい。

・志望大学が明確になっていないが、受験勉強を始めたい方や
地方の大学に進学を考えている方にオススメです。
・志望大学は決まっていないが、
高校1~2年生から基礎を固めたい方にオススメです。
・私立国立共に対応可能。”鬼管理”をご希望の方がご利用下さい。

■想定入会生徒:
・地方国立・私大への受験を考えている受験生
・基礎を固めたい・受験勉強を早期から始めたい高校1~2年生
・志望大学は明確になっていないが、受験勉強を始めたい受験生
・下記にご紹介する「専門塾」に自分の志望する大学がない受験生

早稲田大学専門塾WASE-PASS

早稲田大学専門塾WASE-PASSは、早稲田大学に対する圧倒的な専門性×明治大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

慶應義塾大学専門塾KEI-PASS

慶應義塾大学専門塾KEI-PASSは、慶應義塾大学に対する圧倒的な専門性×慶應義塾大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

明治大学専門塾MEI-PASS

MEI-PASS(MEIPASS meipass メイパス)は明治大学を目指す受験生を支援する、明治大学専門塾(明治大学専門オンライン家庭教師)です。

明治大学専門塾MEI-PASSは、明治大学に対する圧倒的な専門性×明治大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

青山学院大学専門塾
AO-PASS

AO-PASS(AOPASS aopass アオパス)は青山学院大学を目指す受験生を支援する、青山学院大学専門塾(青山学院大学専門オンライン家庭教師)です。

青学専門塾AO-PASSは、青山学院大学に対する圧倒的な専門性×青山学院大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

立教専門塾RIKYO-PASS

RIKYO-PASS(RIKYOPASS rikyopass リキョパス)は立教大学を目指す受験生を支援する、立教大学専門塾(立教大学専門オンライン家庭教師)です。

立教大学専門塾RIKYO-PASSは、立教大学に対する圧倒的な専門性×立教大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

中央大学専門塾CHU-PASS

CHU-PASS(CHUPASS chupass チュウパス)は中央大学を目指す受験生を支援する、中央大学専門塾(中央大学専門オンライン家庭教師)です。

中央大学専門塾CHU-PASSは、中央大学に対する圧倒的な専門性×中央大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

法政大学専門塾HO-PASS

HO-PASS(HOPASS hopass ホウパス)は法政大学を目指す受験生を支援する、法政大学専門塾(法政大学専門オンライン家庭教師)です。

法政大学専門塾HO-PASSは、法政大学に対する圧倒的な専門性×法政大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

学習院専門塾GAKU-PASS

GAKU-PASS(GAKUPASS gakupass ガクパス)は学習院大学を目指す受験生を支援する、学習院大学専門塾(学習院大学専門オンライン家庭教師)です。

学習院大学専門塾GAKU-PASSは、学習院大学に対する圧倒的な専門性×学習院大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

関西大学専門塾KAN-PASS

関西大学専門塾KAN-PASSは、
関西大学に対する圧倒的な専門性×関西大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

関学専門塾KWAN-PASS

関学専門塾KWAN-PASSは、関西学院大学に対する圧倒的な専門性×関西学院大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

同志社専門塾DO-PASS

同志社大学専門塾DO-PASSは、同志社大学に対する圧倒的な専門性×同志社大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

立命館専門塾RITS-PASS

立命館大学専門塾RITS-PASSは、立命館大学に対する圧倒的な専門性×立命館大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

日本大学専門塾NICHI-PASS

日本大学専門塾NICHI-PASSは、日本大学に対する圧倒的な専門性×日本大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

東洋大学専門塾
TO-PASS

東洋大学専門塾TO-PASSは、東洋大学に対する圧倒的な専門性×東洋大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

駒澤大学専門塾
KOMA-PASS

駒澤大学専門塾KOMA-PASSは、駒澤大学に対する圧倒的な専門性×駒澤大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

専修大学専門塾
SEN-PASS

専修大学専門塾SEN-PASSは、専修大学に対する圧倒的な専門性×専修大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

【関連ジャンル】

この記事を書いた人