【必見】法政大学専門塾が解説する解説する法政大学経済学部世界史の入試傾向と対策 

菅澤孝平

法政大学専門塾HO-PASSの代表菅澤です。

このページでは、法政大学経済学部の世界史入試問題の傾向や特徴を解説しております。

法政大学に合格するには学部別の対策と同時に、科目別の対策も必要になってきます。

法政大学経済学部に合格したい方は「世界史」という科目の特徴や傾向を理解したうえで勉強に励みましょう。

▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の

受講が可能です!
▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の参加が可能です!

法政大学経済学部とは

菅澤孝平

法政大学経済学部についての情報は別途コチラに記載しております。

法政大学経済学部を知りたい方はコチラより閲覧してください。

法政大学経済学部「世界史 」の前提情報

試験時間60分
大問数3題
解答形式マークシート式・記述式併用型
頻出単元特になし
菅澤孝平

同じ法政大学とはいっても各学部ごとに出題傾向は大きく異なります。

この記事で紹介する法政大学経済学部の世界史は、上記の通り試験時間60分・大問数は3題で、解答形式はマークシート式と記述式の両方が出題されます

ただ、記述式とはいっても歴史の流れや、出来事の理由を文章で論述する形式の問題は出題されません。

つまり論述用の対策をする必要もないですし、試験もそれほど時間をかけることなく解き終えることができると思います。

世界史という科目は、知識があれば即答できる問題も多いので、試験時間は余るものと考えておいた方が良いでしょう。

そのうえで、どのように見直しをするのかなどをあらかじめ決めておき、試験本番で時間を持て余してしまうことのないようにして下さい。

頻出単元はこれと言ってありません。

まんべんなく学習しておくことが一番ですが、強いて言うのであれば受験生、特に現役生が苦手としがちな現代史を重点的に学習しておくと、他の受験生と差をつけることができるので、やってみてください。

法政大学経済学部「世界史」の傾向

菅澤孝平

それでは、法政大学経済学部「世界史」の特徴・傾向を見ておきましょう。

菅澤孝平

法政大学経済学部の世界史の問題は、リード文が用意されており、その中の単語や文章の一部に下線が引かれ、その下線部に関わる問題が出題される形式です。

その中でもここでは以下の3つの形式について紹介していききますので、法政大学経済学部を世界史選択で受験する方は、是非参考にしてみてください。

法政大学経済学部の問題は、大きく分けて3つの問題が存在します。

■空欄補充問題
文章の正誤判定問題

年代に関する問題

ここからは上に挙げた3つの形式について具体的に説明していきます。

■空欄補充問題

例:

「空欄補充」の問題は、リード文中に設けられた空欄に複数用意された選択肢から解答を選ぶ形式の問題のことです

菅澤孝平

この問題は選択肢がありますし、リード文中に空欄もあることから、ヒントが得られやすく、それほど問題の難易度は高くないように感じるかもしれませんが、油断は禁物です。

選択肢と空欄の数を見比べていただければわかると思いますが、選択肢の数が空欄の数よりもかなり多いです。つまり、ダミーの選択肢も多いということです。

さらに、選択式ではありますが年号を問う問題も出題されるので、ある程度の年号の知識も持っていなければなりません。

そのため、選択式の問題ではありますが、選択肢がなくとも解答を導き出せるようにしておき、どれだけダミーの選択肢があろうと、惑わされないように勉強しておくことが大切です。

選択肢があるからと言って安心せずに、何もない状態でも解答できるようにしておいてください。

■文章の正誤判定問題

例:

「文章の正誤判定」の問題は、上の画像のように選択肢の文章の内容が正しいか否かを判断し解答する形式の問題のことです。
歴史上の出来事が書いてある選択肢だけでなく、すべて正しいという選択肢もあることから、うかつに積極法で問題を解くことができません。
その点を注意しながら、それぞれの選択肢を吟味する必要があります。

菅澤孝平

この問題は、選択肢の内容を正確に吟味しなければならないので、集中して慎重に取り組まなければ間違えてしまう恐れがある問題です。

正しいものを選択させる場合と誤っているものを選択させる場合がありますが、ここで扱っている法政大学経済学部世界史の問題では、誤っているものを選択させる場合が多いようです。

文章の中の様々な箇所に受験生を惑わす表現が含まれているので、世界史の知識が完全に頭に入っていなければ正答を導き出すことは難しいでしょう。

共通テスト等で出題される正誤判定問題であれば、明らかに正しいもの、あるいは誤っているものを一つ見つけることができればその時点で解答が可能です。

しかし、上の画像のように法政大学経済学部の世界史では、すべてが正しい場合も存在するため、このような積極法での解答はかなり危険です。

知識を完全に定着させ、確固たる自信を持って解答できるように日々の学習を怠らないようにしてください。

知識を完全に定着させるための具体的な勉強の仕方は、後述しますので参考にしてください。

■年代に関する問題

例:

「年代に関する問題」は名前の通り、年代の知識がなければ解答することができない類の出題形式の問題のことです
上の画像を見ていただければわかると思いますが、選択肢を並び替える形式の問題が出題されることもあれば、○○○○年以降に起きた出来事を問われる形式の問題が出題されることもあるので、特定の問われ方のみに対する対策ではなく、年代に関するすべての問題に対処できるだけの知識量が求められます。

菅澤孝平

この問題は、ただ歴史上の出来事や人物についての知識を持っているだけでは解答することができません。

それらが起きたおおよその年代を把握しておかなければならないため、難易度が高く受験生の間でも差が付きやすい問題となっています。

しかし、差が付きやすいからこそ正解することができれば、他の受験生よりも優位に立つことができます。

是非年代の対策までしっかりしたうえで試験に臨み、余裕をもって試験を突破できるようにしましょう。詳しい勉強の仕方は後述します。

法政大学経済学部「世界史」の攻略法

菅澤孝平

続いて、法政大学経済学部の世界史攻略法を記します。

ここに該当してない場合、合格は厳しいです。

しかし、これらに該当している場合は合格の可能性が高いと言っていいでしょう。

該当していなかった人も、以下で紹介する学習方法を参照し、試験を突破できるだけの確固たる実力を身につけられるようにしてください。

❶正確なインプット・正確なアウトプット

菅澤孝平

法政大学経済学部世界史攻略法1つ目、「正確なインプット・正確なアウトプット」です。

菅澤孝平

世界史を学ぶ上で必ずなくてはならないのが、世界史の知識です。大前提としてこれがなければ試験本番で合格点を取ることは到底できません。

もちろん、主な出題形式のところで紹介した正誤問題や年代に関する問題は、ただ世界史上の出来事に関する知識を頭に入れただけではなかなか解けない場合もありますが、それらの前にまずは基本となる部分から固めていくようにしましょう。

インプットというのは頭に知識を入れる作業のことを言い、アウトプットというのはインプットの際に入れた知識を問題演習等で出力することを言います。

これらが正しくできれば、標準的な問題までは難なく対応できるようになります。

では正確なインプット・アウトプットとは具体的にどのようなことを言うのかについて説明していきます。

まず正確なインプットとは歴史上の流れ・因果関係を抑えながら覚えていくことで、整理された状態で頭の中に定着させることです。

ただ語句を暗記しようとするだけでは、なかなか定着しません。

歴史には因果関係がありますから、そこの把握を徹底するようにしてください。

次に正確なアウトプットですが、これはたくさん問題を解き、それらについての解説をできるようにすることで、どのような問われ方をしても間違えずに解答できるということです。

たくさんの問題を解くことで、その分問題に慣れることができ、実際の試験の場でも解答しやすくなります。

しかしただ解いていくだけでは、十分な効果を発揮しません。

解き終えて自分でわからなかったところは必ず確認し、それらの解答の根拠や歴史の背景を何も見ずとも解説できるようにしてください。

何も見ずに解説することができれば、それはもうしっかりと理解できているということを示しています。

この段階まで達することができるように、演習を積むようにしてください。

この正確なインプット・正確なアウトプットができれば、世界史の成績も安定していくと思うので是非やってみてください。

❷原因・概要・結論を説明できるようにすること

菅澤孝平

法政大学経済学部世界史攻略法2つ目、「原因・概要・結論を説明できるようにすること」です。

菅澤孝平

➊の正確なインプット・正確なアウトプットというところでも触れましたが、歴史上の出来事には必ず「何が原因でそれが起き、その結果どのようになったのか」ということを示す因果関係というものが存在しています。

それを理解することで、歴史上の出来事がバラバラの点ではなく、それぞれつながりを持った一つの軸として捉えられるようになるので、年代順に並べ変えるような形式の問題でも解きやすくなるはずです。

そして、その際は当然ですが出来事の概要も必ず捉えるようにしてください。

例えば、第一次世界大戦の場合だと、もともとあった「パン=ゲルマン主義VSパン=スラヴ主義」や「3b政策VS3ⅽ政策」、「三国同盟VS三国協商」という対立が、サライェヴォ事件をきっかけに戦争まで発展してしまい、その結果、戦争の被害があまりにも大きかったため、国際協調・国際平和に向けて世界の結びつきが強くなっていくというのが一連の流れです。

そしてここでの概要というのは、第一次世界大戦の内容についてです。

上のような大雑把な流れではなく、○○の戦いはどこでどの国が戦っていたのか、そしてその後の各国の動きはどうなっていくのかという細かい部分まで把握するようにしてください。

そして最終的には、この「原因・概要・結論」を説明できるようにしてください

何も見ずとも自分で説明できるということは➊でも触れたように十分に理解できていることの証になります。

問題演習をするときや、教科書の太字を見たときなど、どのタイミングでも良いので、自分で説明できるかどうか確認するようにしましょう。

それができるようになれば、ほとんどの問題に対応できるようになります。

❸歴史上の出来事のおおよその年代を把握すること

菅澤孝平

法政大学経済学部世界史攻略法3つ目、「歴史上の出来事のおおよその年代を把握すること」です

菅澤孝平

ここまで、歴史上の出来事の覚え方や、問題を解くための対策をお話してきました。

しかし、年代に関する知識がなければ太刀打ちできない問題も入試では多く問われるのです。

そこで、最後に年代に関する問題を解くために必要な勉強法を解説します。

まず、年代は基本的に暗記するしかないと思った方が良いです。

もちろん、~~が理由で○○時代に起きたという因果関係があって、その年代に起きている出来事もありますが、歴史上の出来事のほとんどが具体的な年号との関連はさほどないものと言っても良いでしょう。

ですので、語呂合わせなどを使って暗記するようにした方が効率よく覚えられます。

しかし、すべての年号を覚える必要など全くありません

具体的にいうと、18世紀前半までは、〇世紀の前半・中頃・後半という形で覚えていれば十分です。

18世紀後半以降は細かい年号を覚えていた方が良いので、そのつもりで勉強するようにしてください。

もちろん18世紀前半以前でも重要な年号はたくさんありますから、それらは問題演習をしていく中で必要であれば覚えるという形で良いと思います。

世界史の知識・出来事の原因・概要・結果まで把握し、ここで紹介したような形で年代もおさえることができれば、ほとんどの問題は難なく解けるはずですし、どんな難問が出題されても合格点は取れます。

是非、この記事で紹介してきた勉強方法で世界史の学習を進めてみてください。




現在、専門塾を運営中。
志望大学に特化した大学受験塾を

オフライン&オンラインの両軸で展開。

専門塾なら
どんなに低い偏差値でも
逆転合格が可能です。

❶月ごと/週ごと/日ごとに
「何をすれば合格できるのか」を明確にしたカリキュラムを作成

明日、明後日、来週、来月何をすれば
志望大学に合格できるのかを明確にします。

❷毎週課される課題とテストによって、高い習熟度を保ちます。
作成されたカリキュラムから逆算をし、課題を毎週課します。
その課題を実行していただき科目ごとに毎週テストを行い習熟度を確認します。「出来ない理由」を排除します。

❸最大4人の講師が生徒1人を徹底指導をします。
生徒1人に最大4人の講師が指導をします。24時間365日いつでも4人の講師に質問し放題。広い視野を持ったプロが指導をしてくれるので1人では難しい新たな発見に気づくことが出来ます。

少しでも第一志望大学に受かりたい受験生は
共に志望大学を目指しませんか?
公式サイトはコチラから。

以下サービスより
自由にお選びいただけます。

■一般入試対策専門塾
・一般入試に特化して指導を行います。
・志望大学が明確になっている場合は、
後述する該当の「専門塾」にご入会下さい。

・志望大学が明確になっていないが、受験勉強を始めたい方や
地方の大学に進学を考えている方にオススメです。
・志望大学は決まっていないが、
高校1~2年生から基礎を固めたい方にオススメです。
・私立国立共に対応可能。”鬼管理”をご希望の方がご利用下さい。

■想定入会生徒:
・地方国立・私大への受験を考えている受験生
・基礎を固めたい・受験勉強を早期から始めたい高校1~2年生
・志望大学は明確になっていないが、受験勉強を始めたい受験生
・下記にご紹介する「専門塾」に自分の志望する大学がない受験生

早稲田大学専門塾WASE-PASS

早稲田大学専門塾WASE-PASSは、早稲田大学に対する圧倒的な専門性×明治大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

慶應義塾大学専門塾KEI-PASS

慶應義塾大学専門塾KEI-PASSは、慶應義塾大学に対する圧倒的な専門性×慶應義塾大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

明治大学専門塾MEI-PASS

MEI-PASS(MEIPASS meipass メイパス)は明治大学を目指す受験生を支援する、明治大学専門塾(明治大学専門オンライン家庭教師)です。

明治大学専門塾MEI-PASSは、明治大学に対する圧倒的な専門性×明治大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

青山学院大学専門塾
AO-PASS

AO-PASS(AOPASS aopass アオパス)は青山学院大学を目指す受験生を支援する、青山学院大学専門塾(青山学院大学専門オンライン家庭教師)です。

青学専門塾AO-PASSは、青山学院大学に対する圧倒的な専門性×青山学院大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

立教専門塾RIKYO-PASS

RIKYO-PASS(RIKYOPASS rikyopass リキョパス)は立教大学を目指す受験生を支援する、立教大学専門塾(立教大学専門オンライン家庭教師)です。

立教大学専門塾RIKYO-PASSは、立教大学に対する圧倒的な専門性×立教大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

中央大学専門塾CHU-PASS

CHU-PASS(CHUPASS chupass チュウパス)は中央大学を目指す受験生を支援する、中央大学専門塾(中央大学専門オンライン家庭教師)です。

中央大学専門塾CHU-PASSは、中央大学に対する圧倒的な専門性×中央大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

法政大学専門塾HO-PASS

HO-PASS(HOPASS hopass ホウパス)は法政大学を目指す受験生を支援する、法政大学専門塾(法政大学専門オンライン家庭教師)です。

法政大学専門塾HO-PASSは、法政大学に対する圧倒的な専門性×法政大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

学習院専門塾GAKU-PASS

GAKU-PASS(GAKUPASS gakupass ガクパス)は学習院大学を目指す受験生を支援する、学習院大学専門塾(学習院大学専門オンライン家庭教師)です。

学習院大学専門塾GAKU-PASSは、学習院大学に対する圧倒的な専門性×学習院大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

関西大学専門塾KAN-PASS

関西大学専門塾KAN-PASSは、
関西大学に対する圧倒的な専門性×関西大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

関学専門塾KWAN-PASS

関学専門塾KWAN-PASSは、関西学院大学に対する圧倒的な専門性×関西学院大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

同志社専門塾DO-PASS

同志社大学専門塾DO-PASSは、同志社大学に対する圧倒的な専門性×同志社大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

立命館専門塾RITS-PASS

立命館大学専門塾RITS-PASSは、立命館大学に対する圧倒的な専門性×立命館大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

日本大学専門塾NICHI-PASS

日本大学専門塾NICHI-PASSは、日本大学に対する圧倒的な専門性×日本大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

東洋大学専門塾
TO-PASS

東洋大学専門塾TO-PASSは、東洋大学に対する圧倒的な専門性×東洋大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

駒澤大学専門塾
KOMA-PASS

駒澤大学専門塾KOMA-PASSは、駒澤大学に対する圧倒的な専門性×駒澤大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

専修大学専門塾
SEN-PASS

専修大学専門塾SEN-PASSは、専修大学に対する圧倒的な専門性×専修大学まで”鬼管理”をする大学受験塾です。

【関連ジャンル】

この記事を書いた人