【必見】明治大学専門塾が解説する明治大学 農学部 政治経済の入試傾向と対策

菅澤孝平

明治大学専門塾MEI-PASSの代表菅澤です。

このページでは、明治大学農学部の政治経済入試問題の傾向や特徴を解説しております。

明治大学に合格するには学部別の対策と同時に、科目別の対策も必要になってきます。明治大学農学部に合格したい方は「政治経済」の特徴や傾向を理解したうえで勉強に励みましょう。

▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の

受講が可能です!
▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の受講が可能です!

明治大学農学部とは

菅澤孝平

明治大学農学部についての情報は別途コチラに記載しております。

明治大学農学部を知りたい方はコチラより閲覧してください。

明治大学農学部を詳しく知りたい方はコチラ

明治大学農学部「政治経済」の前提情報

試験時間60分(国語と合わせて120分)
大問数5題
解答形式マークシート・記述併用型
頻出単元経済・農業(現代社会分野)関連
菅澤孝平

明治大学農学部の政治経済の問題では記述形式の問題が出題されます。この記述問題は特定の語句を答える問題で、論述問題が出題されるわけではありません。しかし、食料環境政策という学科の性質上、分野によっては細かい用語が問われることもあり警戒が必要です。


また、マークシートでは最悪の場合解答欄を埋めてさえいれば、まぐれで得点が得られることもあります。しかし、記述問題においてはそのようなことは起こりえません。マークシート形式の問題と比較すれば、内容の難易度にかかわらず間違えてしまう可能性は比較的高いと言わざるを得ないでしょう。

また前述の通り学科の特性上、農業・環境分野に関しては教科書以上に深く突っ込んだ時事的・専門的な問題が出題されている傾向があります。かなり綿密な対策が必要です。その他の分野については教科書レベルの問題が多く出題されており、こちらはしっかりと確実に得点につなげることが重要になってきます。基礎固めが肝要です。

明治大学農学部「政治経済」の傾向

菅澤孝平

それでは、明治大学農学部「政治経済」の特徴・傾向を見ておきましょう。

菅澤孝平

この記事では明治大学農学部の政治経済について記述しますが、他の大学の政治経済について対策をしたい方はこちらの記事もご確認ください。

他の大学の政治経済について対策をしたい方は

こちらの記事もご確認ください。

■傾向

■対策法

全てを記載しています。

少しでも合格可能性を上げたい方は最後まで見てみてくださいね。

他大学の政治経済対策をしたい方はコチラ

菅澤孝平

明治大学文系他学部の記事はコチラにまとめておきます。
他の学部対策も知りたい方はコチラもご覧ください。

明治大学政治経済学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ
明治大学法学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ
明治大学商学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ
明治大学文学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ
明治大学経営学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ
明治大学国際日本学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ

明治大学農学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ
明治大学情報コミュニケーション学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ

菅澤孝平

明治大学農学部の政治経済の入試問題には、大きく分けて3つの問題が存在します。

短答選択問題

長文選択問題

記述問題

以下の問題が存在します。

❶短答選択問題

例:

「短答選択問題」とは、ここでは、問題文で問われている事柄について、複数の選択肢から指定されたものを選択し、マークシートに記入して解答する問題のことを指します。

菅澤孝平

短答選択問題は入試問題全体のおおよそ4割を占め、「出来ないとかなりまずい」問題であるといって良いでしょう。難易度はそこまで高くないものがほとんどですが、問われる範囲が広範であり、基本の理解・自己再現が必要とされます。

後述しますが、政治経済という科目の特性上、全てのことを暗記するだけでなく「自分で内容を再現する」ということが重要になっています。この問題では特に要求されているスキルであり、なるべく早急に身につけておけば後々強みを発揮することでしょう。

➋長文選択問題

例:

「長文選択問題」とは、ここでは、リード文中で指定された(言及された)事柄について、複数の選択肢から指定されたものを選択し、マークシートに記入して解答する問題のことを指します。

菅澤孝平

❶の発展的な問題です。問われる内容に大差はありませんが、長文の正確な読み解きも求められるため、難易度はやや高いと言えるでしょう。

❸記述問題

例:

「記述問題」とは、ここでは問題で問われている事柄についてマークシートではなく自分で記入して解答する問題のことを指します。

菅澤孝平

マークシートに記入する形式の問題とは異なり、当てずっぽうが効かない問題です。そもそもうろ覚えの状態では到底解けませんし、語句自体を覚えていたとしても正しい漢字で書くことが出来なければ得点にはならないでしょう。ここ数年は必ず何題も出題されており、絶対に落としてはいけない問題といって差し支えありません。

今後は知識をつける際に意識して漢字もまとめて覚えてしまった方がいいでしょう。特に難しい漢字や、長い語句には特に注意が必要です。基本的には教科書レベルの事柄について問われているため、ここでも先述の基本のしっかりとした理解が肝要です。

明治大学農学部「政治経済」の攻略法

菅澤孝平

続いて、明治大学農学部の政治経済攻略法を記します。

ここに該当してない場合、合格は厳しいです。

しかし、これらに該当している場合は合格の可能性が高いと言っていいでしょう。

❶正確な記憶・正確な自己再現

菅澤孝平

明治大学農学部政治経済攻略法1つ目、「正確な記憶・確実な自己再現」です。


教科書や資料集に載っていること重要事項を、隅から隅までまんべんなく記憶し、それを確実に自分の文章で再現できるようになりましょう。

要は「オリジナルの参考書を脳内で一冊作ってしまおう」という話です。酷なように思えるかもしれませんが、それくらいのことが出来ないと明治大学には入学できないと思います。

なにも明日までにそれをやれ、ということが言いたいのではありません。入試本番の日までに出来上がっていればいいのです。今日から本番の日まで逆算して、少しずつインプットをしてみてはどうでしょうか。もちろん人の脳ですから一言一句たがわずというのは到底無理な話です。しかし、「隅から隅までまんべんなく記憶」するくらいのつもりで取り組めば、しなかった場合との差は計り知れません。

❷原因・概要・結論を解説できるように

菅澤孝平

明治大学農学部政治経済攻略法2つ目、「原因・概要・結論を自力で解説できるように」ということです。

①で挙げたことと重なりますが、自分の言葉で出来事や時代の流れを解説できるようになること、すなわち自分が他人の講師となってその分野を解説できるようになることで理解がより深くなります。もちろん、本当に他人を捕まえてきて話せ、ということではありません。考えてみてください。学校の先生や塾の講師は教科書や参考書を見て話しているでしょうか?そんな人いませんよね。もちろん彼ら彼女らは完全に「理解して」指導しているのです。

同じような話になりますが、受験当日にこの状態になっているように、既習単元から「自力で解説する」訓練をしておくべきだと考えます。

❸ 普段から親和性を高くしておく

菅澤孝平

明治大学農学部政治経済攻略法3つ目、「普段から親和性を高くしておく」ということです。

突然日本や世界の経済や農業問題について聞かれても、大抵の人は答えられないと思います。そのために受験に向けた準備をしているのですが、勉強、と捉えることでハードルが上がってしまうこともあるでしょう。だからこそ、ニュースなどで日常的に情報に接しておくこと、つまり親和性を高く保っておくことが重要になってきます。習うより慣れよ、と昔から言う通り、面倒臭がらずに情報収集するのとしないのとでは結果が大きく変わってくるでしょう。

また、農学部の政治経済の問題では、時事問題も数は少ないですが出題されています。そういった面でも、普段から少しずつでもいいのでそういった情報に触れておくのがいいでしょう。新聞社のサイトでは大抵記事の冒頭部分は公開されていますし、NHKの定時ニュースでもヤフーニュースでもいいと思います。日常的に情報に接しておくことがなにより、ではないでしょうか。

菅澤孝平

明治大学農学部の政治経済については以上になります。


■明治大学の対策をしたいあなたはコチラをクリックしてください。

・一覧で明治大学対策記事が閲覧できます。


■他の大学の政治経済対策をしたい方はこちらの記事もご確認ください。

■傾向

■対策法

全てを記載しています。

少しでも合格可能性を上げたい方は最後まで見てみてくださいね。

他大学の政治経済対策をしたい方はコチラ

菅澤孝平

明治大学文系他学部の記事はコチラにまとめておきます。
他の学部対策も知りたい方はコチラもご覧ください。

明治大学政治経済学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ
明治大学法学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ
明治大学商学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ
明治大学文学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ
明治大学経営学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ
明治大学国際日本学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ

明治大学農学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ
明治大学情報コミュニケーション学部の「政治経済」を詳しく知りたい方はコチラ

この記事を書いた人